起業するための資金調達方法には、出資、個人借入、融資、補助金・助成金等があります。

個人資産である自己資金を資本として使用することが、経営の自由度が高いと言えます。しかしながら、自己資金が不足している場合、親族や知人からも借りれない場合には、資金の調達方法を考えなければなりません。

いざという時にいつでも現金を借りることができるサービスです。消費者金融やクレジットカードを利用してキャッシングします。

契約前には審査があり、審査を通過しなければキャッシングすることはできません。また、借りる事ができる金額の上限は契約内容によって決められます。借りた金額と金利(約15.0~18.0%)は、決められた翌月の返済日までに返済するのが一般的です。

大切な子どもに、もしものことがあったら大変。 それはすべての親に共通する想いです。

お金に心配することなく、教育を受けさせてあげたいと思うのも親心でしょう。それを叶えてくれるのが学資保険です。

全く事故を起こさない人にとって、自動車保険は毎年お金がかかるだけのものですが、万が一事故を起こしてしまった時にはあなたの安心感になります。入っていなければ、自腹で全てを支払うことになりどん底の生活を送ることになり得ます。

カードローンとは、個人向けの無担保ローンのことで、限度額の範囲内なら何度でもお金を借りることができたり、ATMを利用して簡単に返済することができます。

銀行や消費者金融が提供していますが、銀行のカードローンの方が金利が低いことが特徴です。

キャッシングとは、急にお金が必要となった時に、クレジットカードやキャッシングカードを利用して、消費者金融の窓口や提携先のATMなどからお金を借りることのできるサービスです。

所得税に関連する申告には、「年末調整」と「確定申告」があります。毎年一度、基本的に会社員であれば年末頃に年末調整、自営業の人であれば原則3月15日までに確定申告によって所得税の精算手続きを行います。

自己破産をすると、財産を手放すかわりに借金はゼロになりますが、個人再生では借金が無くなる事はありません。原則として3年かけて減額された借金を返済する計画を立てる必要があります。計画通りに返済すると、残りの債務が免除されます。住宅ローンを除く借金が5,000万円以下で、継続的に安定した収入がある等の要件を満たさなければ適用されません。

海外旅行保険とは、海外旅行中に発生した病気や怪我の治療費、宿泊先の器物損壊、携行品の盗難、「航空機遅延」「手荷物遅延」などフライトに関連したトラブルなどのアクシデントに起因した損害を補償していくれる保険です。

経済面での補償だけでなく、日本語が通じない海外での日本語サポートやトラブル処理などが受けられます。保険料は、行き先や渡航日数で大きく変わります。

起業する際に一番の悩みとなるのは資金調達の事でしょう。VCから出資を受けたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

VC(ベンチャーキャピタル)とは、急成長の可能性があるベンチャー企業に資金を提供する投資会社のことです。 政府系、銀行系、証券会社系、事業会社系、独立系等があります。

Pages

起業資金を調達するには?

起業するための資金調達方法には、出資、個人借入、融資、補助金・助成金等があります。

個人資産である自己資金を資本として使用することが、経営の自由度が高いと言えます。しかしながら、自己資金が不足している場合、親族や知人からも借りれない場合には、資金の調達方法を考えなければなりません。

いざという時にお金借りる方法

いざという時にいつでも現金を借りることができるサービスです。消費者金融やクレジットカードを利用してキャッシングします。

契約前には審査があり、審査を通過しなければキャッシングすることはできません。また、借りる事ができる金額の上限は契約内容によって決められます。借りた金額と金利(約15.0~18.0%)は、決められた翌月の返済日までに返済するのが一般的です。

教育ローンや学資保険

大切な子どもに、もしものことがあったら大変。 それはすべての親に共通する想いです。

お金に心配することなく、教育を受けさせてあげたいと思うのも親心でしょう。それを叶えてくれるのが学資保険です。

自動車保険の必要性や賠償金の問題

全く事故を起こさない人にとって、自動車保険は毎年お金がかかるだけのものですが、万が一事故を起こしてしまった時にはあなたの安心感になります。入っていなければ、自腹で全てを支払うことになりどん底の生活を送ることになり得ます。

Pages