You are here

投資信託の始め方

投資家から資金を集め、投資家の代わりに運用のプロであるファンドマネジャーが株式や債券などに投資・運用し、投資家に生まれた利益を還元することを投資信託と呼びます。ファンドマネジャーが投資判断から取引までを代理で行うので、投資家は資金を預けるだけです。

投資信託の長所といえば、資金が少なくても、世界中の様々な投資対象に少額から分散投資できることです。株式投資などは、購入時にある程度まとまった資金を必要とすることが多いです。また、投資信託では、個人では投資しにくい国・地域や資産に投資することを可能とします。

もちろんメリットばかりではなく、投資が上手くいかなかった場合には、投資した金額を取り戻せないこともあります。